学長のチョコット英文法・英単語①/未来進行形


こんにちは。神戸の英会話学校|パトス外語学院の学長です。今日は、未来進行形についてお話しします。「未来進行形」ってなんだか難しそうに聞こえますがそんなに難しくはないんですよ。

形としては “will be~ing” と覚えてください。  それでは便利な使い方を1つご紹介します 。

仕事や友達との会話の中で、明日お電話をもらう事になりました。 そして別れ際に “ではお電話おまちしていますね。と言いたかったとしましょう。

さて、それを英作すれば

①I’m waiting for your call. と②I will be waiting for your call. のどちらが良いでしょうか? 答えは …………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………............................................................................................................................................................................................................②の方が良いです。

①のように現在進行形で言えば、“待ってんねんから早くしてよ。”のような急かしたニュアンスになります。 ②の未来進行形では、“その時になれば待っていますね。”と言うようなニュアンスで急かした感じはなくなります。ですので②が正解です。

あまり馴染みのない未来進行形ですが、こんな場面で案外良く使われてるみたいですね。 皆さんも使ってみて下さい!!

神戸の英会話教室|パトス外語学院ではActive Learningを取り得れた新しいスタイルで英会話を提案して行きます。 無料体験レッスンもやってますので是非ご利用下さい。

Active Learning を取り入れた  神戸の英会話学校 パトス外語学院

HP https://www.pathos.biz/​

神戸の学習塾 神戸ショウイン塾

HP http://www.kobeshowin-hyogo.com/

お電話 078-671-8514

※お問い合わせお待ちしています。

#学長のチョコット英文法英単語

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。

神戸の英会話教室

神戸の英会話教室パトス外語学院

〒652-0895 兵庫県神戸市兵庫区小河通り5-2-8 赤浦合名ビル2F

​営業時間 10:00〜21:30

  • ツイッター - ホワイト丸
  • Facebookの - ホワイト丸
  • Instagramの - ホワイト丸

-2018 © 神戸の英会話教室 パトス外語学院 All Rights Reserved.